APAX FBP さば等鮮魚直接輸出、海外産品の輸入貿易サポート


en
JP
  |  ホーム   |  事業内容   |  会社概要   |  お問合わせ   |  リンク  |


   APAX FBP WEB日本語版の記事更新は、原則として毎月第1及び第3月曜日の月2回です(休日の場合は翌営業日)。業務の都合上、記事アップデートがされない場合もあります。

鮮魚ニュース
  いよいよ味付けいくらを本格的に扱います
2017年11月21日(火曜日)
北海道での減産が確定的となった今年の秋鮭漁。これからは主戦場になりつつある三陸でも『浜値が高すぎる』という声がきかれます。こうなってくるともういくらの価格も高騰して、フリー玉が殆ど無く異常事態に陥っており、塩で一万円を超えている現況にはみなあきれ顔。

しかし、現実的には国内外で既に卵が出てくる先は殆ど無いために、来年の秋までこのままで突き進むしかない。国産塩が高騰しても、何とか高級寿司店はやっていくでしょう。そもそも客は価格を見て注文しないのですから。しかし、回転寿司や持ち帰り寿司はそうはいきません。非常に価格に厳しい層がメインの客層なのですから。

そこで注目されるのが輸入原卵(チャムやマス)を使って作られた味付け醤油いくらです。もちろんこちらも値上がりしていますが、まだ国産塩の半額ですから、『とにかくいくらが必要、無いわけにはいかない』なお店にはなくてはならない存在。

APAXでは12月から本格的にこの味付けいくら(マス子)を扱っていきます!

【魚卵製品はおまかせください!】
イクラが秋鮭の記録的な不漁により高騰!出回り品も限られてきて大変な状況になってきましたね。APAXでは輸出の他、国内販売もやってます!特にイクラの扱いには力を入れてます。

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品も経験豊富なAPAXにおまかせください。

*弊社は卸売り(倉渡し)のみで、小売り(バラ売り)・配送はいたしません。


***次回掲載は12月4日(月)を予定しています。



お問合わせ   
  銚子漁港へ新物サバ初水揚げ!高値スタートの浜値
2017年11月6日月曜日
北緯40度線(岩手県大船渡市沖あたり)で漁獲された新物のマサバが4日土曜日に約1千トン水揚げされました。新シーズン物、いよいよ始まりということで浜も沸き返ったようですが、浜値は@138~と高値スタート、サイズも大き目が中心だったこともあり鮮魚市場に流れていきました。海外からも熱い目線が注がれる銚子での水揚げ、このニュースもあっという間に商社や水産会社経由で海外のバイヤーに流れたことでしょう。でも、昨年に続いて安値良品を期待していた筋にはちょっと😞だったでしょう。脂ののりもまだイマイチ、高い浜値、9月までの輸出累計が17万トン強とほぼ昨年並みで推移している冷凍サバ輸出ですが、さてさて新シーズンはどの様な展開になりますやら。

【写真提供】銚子鮮冷㈱ http://www.senrei.co.jp/


***水産物輸出のご相談は弊社まで!***

【東南アジア向け鮮魚空輸・冷凍魚輸出事業の立上げをお手伝いします!】
日本産水産物の輸出に関するご相談は無料です。その際は主に弊社よりまずご希望や海外向けに関する取組予定、商流等につきお伺いします。具体的な案件に対する個別アドバイス、事業組立・実務指導・コスト計算等は有料のサービスとなり初回相談の段階ではお受けできません。事前のサポート契約の締結が必要となりますのでご留意ください。なお、お問い合わせの際はかならず企業・団体名・氏名をお伝え願います。

【魚卵製品はおまかせください!】
イクラが秋鮭の記録的な不漁により高騰!出回り品も限られてきて大変な状況になってきましたね。APAXでは輸出の他、国内販売もやってます!特にイクラの扱いには力を入れてます。

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品も経験豊富なAPAXにおまかせください。


***次回掲載は11月20日(月)を予定しています。



お問合わせ   
  今シーズンのサバ漁はいかに?世界が待ち望む日本産のサバ
2017年10月16日(月)
本日銚子漁港からサバの写真がLINEで届いたので「おっ、サバ!」と小さな声を発してしまいましたが、聞いたら水揚げ量は200KG位とか。本格漁期には日に5千トンでも平気で水揚げする銚子なんで、まあ何とも少ない。まだサバの魚群は北の方にも表れていないようで、北海道では未だにマイワシ漁が続いていることから直ぐには期待できません。既報の通り先月は欧州各国から中東、アフリカ向けの日本産のサバを求めてバイヤーが来日しましたが、この調子をイライラしながら待っているのではないでしょうか。自然を相手の商売、無いものは無いのですから待つしかありません。

それにしてもイカ、サンマ、秋鮭と主要魚種が軒並み不漁となっている北太平洋の漁ですが、水温や黒潮の流れが影響しているのか、又は魚種交代なのか、考えてもしょうがないことを考える日々です。

そうした中で救われるのは規模は小さいながらも確実に毎週毎週飛んでいく海外向け鮮魚空輸便ですね。一年間ずっと続けると、くっきり安定した数字が並びます。経営者からの視点からすると本当にありがたいものです。冷凍魚輸出は漁獲に加えて浜値や為替も大きく左右されますが、それはやはり海外の中低所得層を対象にしているから。

一方、鮮魚空輸便は海外の富裕層を相手にしているので、「食べたいものは食べたい」とその需要が落ち込むことはなく、むしろ年々増えています。

みなさんもニュースで輸出について聞いているだけではなくて、自社でも始めてみませんか?空輸便の場合はほとんど新たな設備投資は人員の投下無しでビジネスを始めることができます。

詳しくは弊社までお問い合わせください。

【写真提供】銚子鮮冷㈱ http://www.senrei.co.jp/


***水産物輸出のご相談は弊社まで!***

【東南アジア向け鮮魚空輸・冷凍魚輸出事業の立上げをお手伝いします!】
日本産水産物の輸出に関するご相談は無料です。その際は主に弊社よりまずご希望や海外向けに関する取組予定、商流等につきお伺いします。具体的な案件に対する個別アドバイス、事業組立・実務指導・コスト計算等は有料のサービスとなり初回相談の段階ではお受けできません。事前のサポート契約の締結が必要となりますのでご留意ください。なお、お問い合わせの際はかならず企業・団体名・氏名をお伝え願います。

【魚卵はおまかせください!】
イクラが秋鮭の記録的な不漁により高騰!出回り品も限られてきて大変な状況になってきましたね。APAXでは輸出の他、国内販売もやってます!

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品も経験豊富なAPAXにおまかせください。


***次回掲載は11月6日(月)を予定しています。

お問合わせ   
  人口減少に転じた国内市場で何をどう売るか?
2017年10月2日(月)
モノが売れないといわれてもう久しいですが、それは営業努力が足らないのでしょうか?いいえ、バブルの頃は特に営業しなくてもモノはバンバン売れましたよ。つまり売れる、売れないは需要と供給の間のかい離度合いで決まります。だからあの頃バンバン売れたのは爆発的な需要を創出する人の塊、つまり当時現役世代だった段階世代がお金を使っていたわけです。そしてそのジュニアの世代も2000年過ぎてからミニバブルを生みました。しかし、それで終わりです。団塊ジュニア世代の次にはもう続く人の塊はありません。

ざくっと言うと現在は毎年130万人ほどの人が亡くなり、100万人弱の子供が生まれてきます。つまり単純計算では毎年30万人分くらいの需要が減っているのです。人工構成的にもお年寄りがどんどん増えていきます。よって需要と供給の差からくる景気は今後とも改善の見込みは全くありませんから、この売れない傾向はずっと続いていきます。

そんな中で従来からある変わり映えのしない商品を単に並べていても売れ続けるわけがありません。「やばい」ですね!

そこで弊社では今年からたらこ・明太子のチルド商品を扱うようになりました。製造後は凍結せずずっとチルドでお客様まで届けています。なめらかな食感と艶やかさをぜひ感じて欲しい商品です。
子供からお年寄りまで食べられて、しかも原料事情が安定しているたらこ・明太子、扱ってみませんか?弊社担当までお問い合わせください。

注)チルド商品のお取り扱いには荷扱い環境等の一定の条件をクリアする必要があります。

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品はAPAXにおまかせください。


***次回掲載は10月16日(月)を予定しています。

お問合わせ   
  この秋からの新物サバを求めて欧州よりバイヤー来日続く
2017年9月20日
日本の冷凍サバ輸出の約60%以上を占める銚子・波崎地区の水産加工業者を、欧州からのバイヤーが訪問しています。目的はズバリ西アフリカ向けの冷凍サバの確保です。まだシーズン入りしていない為に西アフリカが求める小型サイズのサバは既に各社在庫僅少にて現物のオファーはできないものの、10月下旬から11月にかけて始まると見込まれている新物サバは、既に激しい玉の確保戦に入った様相です。
昨シーズンはいきなり脂質の高い品質の良いサバが揚がりましたが、はたして今年はどのような展開になりますやら。
ただ一つ注意しなければならない点として、アフリカ向けは価格の天井が決まってしまっていることです。現地着値で1米㌦に価格が近づくと売れ行きが落ちてきて、1米㌦までいってしまうと誰も買わなくなります。従って過剰な期待は禁物で天井が決まっている分、浜値と為替の推移には注意が必要です。

【写真提供】銚子鮮冷㈱ http://www.senrei.co.jp/

***水産物輸出のご相談は弊社まで!***


【東南アジア向け鮮魚空輸・冷凍魚輸出事業の立上げをお手伝いします!】
日本産水産物の輸出に関するご相談は無料です。その際は主に弊社よりまずご希望や海外向けに関する取組予定、商流等につきお伺いします。具体的な案件に対する個別アドバイス、事業組立・実務指導・コスト計算等は有料のサービスとなり初回相談の段階ではお受けできません。事前のサポート契約の締結が必要となりますのでご留意ください。なお、お問い合わせの際はかならず企業・団体名・氏名をお伝え願います。

【魚卵はおまかせください!】
イクラが秋鮭の記録的な不漁により高騰!出回り品も限られてきて大変な状況になってきましたね。APAXでは輸出の他、国内販売もやってます!

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品はAPAXにおまかせください。


***次回掲載は10月02日(月)を予定しています。

お問合わせ   
  ボストン産の生マグロが日本を経由して東南アジアの国へ
2017年9月4日(月曜日)
あれよあれよと夏も終わってしまい9月に入った途端にすっかり秋らしくなりましたね。これから旬を迎える水産物は多いので楽しみです。
今日は川崎北部市場よりボストン産生マグロの腹を海外に向けて出荷しました。脂やキメはいまひとつでしたが素晴らしい発色で、写真を見たいバイヤーも興奮気味。考えてみればボストンから空輸されたマグロが日本でカットされコロになってまた海外に出ていく。一般の人なら「ならばボストンから直接その国に送ればいいのに」とか思うでしょう。
ところがそうはいきません。最終的にはパーツになって売られるマグロはそれを全て売りきって初めて商売が成り立つからです。一部だけ売れて他が残っては商売にはなりません。目利きに加えて、全部をいい感じに売り切ることがいわゆるマグロ販売のプロなんですね。そんなパートナーに恵まれて弊社も定期的に上質のマグロを出荷できるようになりました。ありがたいものです。

【写真提供】築地網伍

***水産物輸出のご相談は弊社まで!***


【東南アジア向け鮮魚空輸・冷凍魚輸出事業の立上げをお手伝いします!】
日本産水産物の輸出に関するご相談は無料です。その際は主に弊社よりまずご希望や海外向けに関する取組予定、商流等につきお伺いします。具体的な案件に対する個別アドバイス、事業組立・実務指導・コスト計算等は有料のサービスとなり初回相談の段階ではお受けできません。事前のサポート契約の締結が必要となりますのでご留意ください。なお、お問い合わせの際はかならず企業・団体名・氏名をお伝え願います。

【魚卵はおまかせください!】
イクラが秋鮭の記録的な不漁により高騰!出回り品も限られてきて大変な状況になってきましたね。APAXでは輸出の他、国内販売もやってます!

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品はAPAXにおまかせください。


***次回掲載は9月19日(火)を予定しています。

お問合わせ   
  冷凍サバ輸出ーカートンサイズは10KGか15KGか?
2017年8月24日(木)
今週は主催している交流会と昨日から始まったシーフードショー、そして明日は顧客企業の展示商談会とイベントと来客対応で忙しく記事のアップが遅れてしまいました。

さてこのところアジア、特にベトナムからの日本産冷凍サバへの引き合いが増えています。毎日メールボックスには新しい引き合いが入ってきますが、どうやら現地市場では冷凍サバが枯れている(不足している)ようですね。

中国における春からの禁漁期間が先週終わって中国船団がどっと出漁しましたが、漁獲され製品となりこれが輸出先まで届くにはまだしばらく時間がかかります。そんな中で日本の冷凍サバが欲しいと言ってくることは商売的には当然の流れですが、ベトナム向けは難しい事情もあります。

先ず価格。この国はとにかく価格が安いのが絶対条件なので、オフシーズンの在庫が少ない状況でも当たり前のように値切ってきます。次に冷凍サバが入ったカートン(箱)ですが、現地では圧倒的にNET10KGの箱が好まれます。これは中国や台湾がずっと10KGでベトナムに供給していたのがすっかり手着して、日本で主力の15KG入りは嫌われます。10KGの方がベトナムのおばちゃん販売部隊には扱いやすく、売れ残りのリスクも少ないからと考えられます。

しかし、生産側にとっては15KGから10KGのカートンに変えるのは考えるほど単純ではありません。大きなファクターとしては生産コストがアップします。時間当たりの生産数が減り、一方では箱数が増えますから。パレットの積み数も違うし、ラインも違うものを使う必要がありますね。

現在10KGの小さなカートンを希望してくるのがベトナムとインドネシアの2カ国で、その他、特に近年主要輸出先であるアフリカや中東向けでは15KGカートンでも全く問題なく売れていきますから、ちょっと生産する側としては微妙というか、ちょっとでも高く買ってもらわない限りは面白い話ではないわけです。

うちの扱いは今年も15KGカートンでで突っ走ります!

【写真】マグロ縄餌用10KGカートン(銚子鮮冷)

***水産物輸出のご相談は弊社まで!***


【東南アジア向け鮮魚空輸・冷凍魚輸出事業の立上げをお手伝いします!】
日本産水産物の輸出に関するご相談は無料です。その際は主に弊社よりまずご希望や海外向けに関する取組予定、商流等につきお伺いします。具体的な案件に対する個別アドバイス、事業組立・実務指導・コスト計算等は有料のサービスとなり初回相談の段階ではお受けできません。事前のサポート契約の締結が必要となりますのでご留意ください。なお、お問い合わせの際はかならず企業・団体名・氏名をお伝え願います。

【魚卵はおまかせください!】
イクラが秋鮭の記録的な不漁により高騰!出回り品も限られてきて大変な状況になってきましたね。APAXでは輸出の他、国内販売もやってます!

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品はAPAXにおまかせください。


***次回掲載は9月4日(月)を予定しています。



お問合わせ   
  茅ヶ崎から世界へ発信!セイザブロウのハイクオリティ商品
2017年8月7日(月)
昨日の日曜日、ジリジリと太陽が照りつける中で湘南の茅ヶ崎ある弊社サポート先のセイザブロウ㈱の事務所にお伺いしてきました。5月に新たに開かれた茅ヶ崎駅から数分の利便性の高い場所にある事務所は、ホワイトのフローリングにお洒落なインテリアが施された新しい雰囲気があり、今回は同社取扱い商品の紹介を兼ねたイベントへの参加でした。
まだ若い会社ですが、独自の動きとオーストラリア、台湾のスタッフの積極的な活躍で既にアジア各国へのコンタクトを開始し、大手企業からのレスポンスも来ております。隠岐の島の工場でCASにより凍結された白イカや岩がき、北海道産の活神経〆平目やウニを堪能しながら、これからの輸出活動につき語ってきました。

弊社が出会う水産会社さんは、輸出事業への参画を薦めると「うちは小さな会社だから無理でしょう。」とか言われる方も少なくないですが、その場その場で判断が必要とされる輸出取引の現場ではむしろ決定権がある方がすぐに決めれる中小・零細企業の方が何事にも稟議が必要な大企業よりもよっぽど有利なのです。

皆さんも悩む時間があったら、まずは一歩踏み出してみませんか?

セイザブロウ㈱につきましては右側のバナーをクリックしてみてください。

***水産物輸出のご相談は弊社まで!***


【東南アジア向け鮮魚空輸・冷凍魚輸出事業の立上げをお手伝いします!】
日本産水産物の輸出に関するご相談は無料です。その際は主に弊社よりまずご希望や海外向けに関する取組予定、商流等につきお伺いします。具体的な案件に対する個別アドバイス、事業組立・実務指導・コスト計算等は有料のサービスとなり初回相談の段階ではお受けできません。事前のサポート契約の締結が必要となりますのでご留意ください。なお、お問い合わせの際はかならず企業・団体名・氏名をお伝え願います。

【魚卵はおまかせください!】
イクラが秋鮭の記録的な不漁により高騰!出回り品も限られてきて大変な状況になってきましたね。APAXでは輸出の他、国内販売もやってます!

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品はAPAXにおまかせください。


***次回掲載は8月21日(月)を予定しています。





お問合わせ   
  カンボジアを訪ねて「同一化」する東南アジアで勝てるか日本
2017年7月24日(月)
今月初旬に久しぶりにカンボジアの首都プノンペンを訪れてみました。前回と同じリバーサイトのホテルに泊まってゆったりとしたメコン川支流の流れと、川沿いの広場で体操をする地元の人たちを観察するのも楽しいものです。

今回は市内のイオンモールの中にある日本からの鮮魚の出荷先に出向き、最新事情を色々と聞いてきたのですが、この巨大なイオンモールを歩いていると、もうここがカンボジアなのかどうかわからなくなります。マレーシアやインドネシアでもイオンはたくさん展開してますが、同じ造りでほぼ同じようなレイアウト、同じブランドの店などもうどこに居ても同じ感じがします。

そして食品売り場も鮮魚に限っては地元色が出ていて、特にこのプノンペンは土地柄淡水魚が多く並んでいますけど、加工品等、特に今ではどこでも人気のある持ち帰り寿司などどこも全く同じです。

あとサーモン、そうアジアは何と言っても生魚ならサーモンなんです。マグロでもなくハマチでもなく絶大なサーモン人気には圧倒されそうになりますね。

ノルウエーは"ノルウエー産サーモン"として国をあげて同国のサーモンを長年PRしてきて、いまでは世界中の寿司、生食市場を席捲しています。

方や日本はどうでしょうか?やたら地域、地域や会社別に独自ブランドを立ち上げて、バラバラにPR。あげくの果ては日本の会社同士で価格の削り合いに入ってます。

あるノルウエー各社の1週間の輸出量は日本全体のハマチ年間輸出量を越えるのではないでしょうかね、それほど彼我の差は大きいです。

これからも海外での需要の伸びが期待できる水産品ですが、ちょっと戦略は考え直した方がいいかも知れないですね。

***水産物輸出のご相談は弊社まで!***


【東南アジア向け鮮魚空輸・冷凍魚輸出事業の立上げをお手伝いします!】
日本産水産物の輸出に関するご相談は無料です。その際は主に弊社よりまずご希望や海外向けに関する取組予定、商流等につきお伺いします。具体的な案件に対する個別アドバイス、事業組立・実務指導・コスト計算等は有料のサービスとなり初回相談の段階ではお受けできません。事前のサポート契約の締結が必要となりますのでご留意ください。なお、お問い合わせの際はかならず企業・団体名・氏名をお伝え願います。

【魚卵はおまかせください!】
イクラが秋鮭の記録的な不漁により高騰!出回り品も限られてきて大変な状況になってきましたね。APAXでは輸出の他、国内販売もやってます!

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品はAPAXにおまかせください。


***次回掲載は8月7日(月)を予定しています。





お問合わせ   
  海外向けー実は和牛の輸出もやってます!
2017年7月5日(水曜日)
月が新しくなりやや忙しい日が続いた為、ここでの新しい記事のアップも市場が休みの今日になってしまい申し訳ありません。

ところで弊社では和牛も扱っておりまして海外向けに輸出しております。まだまだ数量は少ないですが、肉の扱いも2年目に入りました。

魚屋が何故に和牛を扱っているのか?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、魚好きの方で肉も好きという方は海外にもたくさんおられまして、寿司カウンター横に併設された鉄板焼きコーナーなどもあるわけです。刺身にそっとつまものを添えたり、野菜と一緒に煮たりと魚、肉、野菜が揃って和食は形作られてます。

但し、肉を輸出するには検疫等もからみ、それなりに証明書等を整えなければならない分、魚の輸出よりも格段ハードルは高いですね。

「好きな肉を好きにどこでも輸出できる」わけではないのでご注意ください。

もしお肉の需要が海外でありましたら、一言お声がけください。

【東南アジア向け鮮魚空輸・冷凍魚輸出事業の立上げをお手伝いします!】
日本産水産物の輸出に関するご相談は無料です。その際は主に弊社よりまずご希望や海外向けに関する取組予定、商流等につきお伺いします。具体的な案件に対する個別アドバイス、事業組立・実務指導・コスト計算等は有料のサービスとなり初回相談の段階ではお受けできません。事前のサポート契約の締結が必要となりますのでご留意ください。なお、お問い合わせの際はかならず企業・団体名・氏名をお伝え願います。

【魚卵はおまかせください!】
イクラが秋鮭の記録的な不漁により高騰!出回り品も限られてきて大変な状況になってきましたね。APAXでは輸出の他、国内販売もやってます!

イクラ、筋子、数の子、タラコ、明太子など魚卵製品はAPAXにおまかせください。


***次回掲載は7月18日(火)を予定しています。

お問合わせ   
  << 前ページ  最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初  次ページ >> 










Copyright© 2008 - 2010 Apax Co.,Ltd. All Rights Reserved.