APAX FBP さば等鮮魚直接輸出、海外産品の輸入貿易サポート


en
JP
  |  ホーム   |  事業内容   |  会社概要   |  お問合わせ   |  リンク  |

輸出入貿易実務のご相談はお気軽に03-6228-4370
<< Back
鮮魚ニュース


  8月の貿易統計発表ーどよんと曇った冷凍サバ輸出
2019年10月7日(月曜日)
すいません、市場での年末商品展示会に続いて出展してしてたら1週間記事のアップが遅くなりました。そうこうしているうちに今年8月の貿易統計が財務省より発表されていましたが、その内容はあまり盛り上がらない数字でした。まあそもそもサバはまだオフシーズンなの,である程度は仕方ないのですがね。8月単月の冷凍サバの輸出量は7,678トンと前年同月比で1,246トンの減ですが、累計では昨年は20万トンを8月時点で超えてたのに今年は14.3万トンと約35%減です。7万6千トンも少ないんですよね、これは厳しい!

本来輸出量では主力となる銚子・波崎地区ですが、8月の地域別シェアでは全体の23%とメインシーズンの1/3程度、逆に多かったのは三陸など東北地方の同41%、続いて九州の同20%でした。

さらにどよんとするのがエジプト向け。アフリカ諸国は夏の時期のサバは脂が無いので毎年買わないのですが、エジプトは安ければ脂の有る無しに関わらず買ったものです。この8月もエジプトは日本産冷凍サバの買付ではベトナムを少し上回って2,268トンと1位なのですが、まあ多くはないですね。しかも業界新聞にも出ていた通り、今エジプトは通関で多くのコンテナが止められており、その理由が『アニサキス』 日本産の冷凍サバもまとまった数量が止められているらしいのですが、今一つ正確な情報が入りません。

そんなこんなで重たい雲が垂れ込めたような現在の状況です。

11月から期待される新シーズンではぜひ晴れて欲しいものですが。


=輸出相談受付中=

●海外からファックスやメールで引合いが入るけ何もできない!

●海外の展示会で好評だったけど、この先どうしていいかわからない!

●輸出してみたけどいきなりトラブってしまった!

●物流の手配がうまくいかない!

●引合いが海外から来ても対応の仕方がわからない!

こんな輸出事業への質問もトラブルもご相談ください。

日本産水産物の輸出に関するご相談は無料です。


***次回掲載は2019年10月21日(月)を予定していますが、業務等の都合により予定通り更新されない場合があります。


お問合わせ   







Copyright© 2008 - 2010 Apax Co.,Ltd. All Rights Reserved.
end0